社会常識能力検定試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)とは、どういう資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)なんでしょうか?また、社会常識能力検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に合格したら、どれくらいの仕事に就けるのでしょうね?まず始めに、社会常識能力検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)がどういった資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)なのかを御紹介していきたいと思います。社会常識能力検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)とは、一般常識(社会常識および人としての常識と心構え)、コミュニケーション、ビジネスマナーが、しっかりと備わっているかが試される試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)です。社会常識能力検定試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)の受験資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)は、特に制限が無いので、どんな方でも受験する事が出来る試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)です。試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)は全国の至る所の専門学校(二年以上の修業期間、1700時間以上の年間授業時?、試験などによる成績の評価と課程修了認定という条件を満たせね、専門士という学位を取得できるでしょう)で行われ、試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)日程は、1月下旬頃と、9月下旬頃の年2回行われていることでしょう。試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)の申し込み期間が、1月下旬受験だと10月上旬から12月中旬、9月下旬受験だと6月下旬から8月下旬頃です。試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)会場での申し込みと、インターネット(遠くの人とテレビ電話をしたりできるのも、とても便利です)からの申し込みが可能になります。それぞれ申し込み期間が畭なりますので、全国経理教育協会(全国で300校の専門学校が会員校として加盟していて、全経が実施する能力検定試験の受付窓口となっています)に問いあわせてくださいね。合格発表は、試験日から約一ヵ月以内に発表されます。試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)の科目は、社会常識・コミュニケーション・ビジネスマナーです。受験の費用は、級により違い、1級で4千円、2級で2500円、3級で2000円だと言えますね。難易度はそんなに高くなく、合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)としては、一級が約43%、二級が約53%、3級が約78%と、比較的高めと言えますよね。では、社会常識能力検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)を合格したら、どの程度の仕事に就けるのでしょうか。社会常識能力検定試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)は、どこの企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)でも使える資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)なのですが、社会常識能力検定試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)だけ持っていても、就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)可能なとまではいかないのです。しかし、持っていると損がない資格であり、取得しておくほうがよい資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)と言われているんですねー